Shigotosagashi.com - バイリンガルのための就職情報サイト

執筆者: 弁護士 琴河利恵
琴河 五十畑 法律事務所
500 108th Avenue NE, 8th Floor
Bellevue, WA 98004
Phone: 425-646-7329 Fax: 425-671-1523
www.kandilawyers.com
ステップ1: 労働条件許可証

外国人労働者の職名と職務内容をもとに職務コードを決定し、それに相当する実質給与額(Actual Wage)と平均給与額(Prevailing Wage)を設定します。実質給与額とは、スポンサー企業で外国人労働者と同程度の学歴や経験を持ち、同職についている従業員に支給されている給与額のことで、そのような従業員がスポンサー企業内に存在しない場合は、外国人労働者本人に支給される給与額になります。平均給与額とは、外国人労働者が就労する地域で同職に従事している労働者に支給されている給与の平均のことで、調査方法はいくつかありますが、通常は各州の労働保障局に判定を求めます。第1回のコラムで述べたように、外国人労働者に実質給与額、または平均給与額のどちらか高い方が支給されることが申請条件の1つになっています。

申請書は、雇用主の所在地・納税者番号・外国人労働者の職名・職務コード・給与額など・雇用に関する基本的な情報に加え、外国人労働者を雇用することによって米国の労働市場に悪影響を与えることがないよう、"Attestation" と呼ばれる雇用事情に関する雇用主の供述から成り立ち、ファックスまたはネット上で申請することができます。ファックスの場合は、通常1〜3日、インターネットの場合は、即刻に労働条件許可証を取得することができます。


ステップ2:  H-1B 申請

在米企業に関する資料として、通常、企業の組織図や会社案内、決算報告書などを提出します。さらに、業務内容と外国人労働者の資格や職務内容を説明したサポート・レターも必要です。外国人労働者に関する資料としては、パスポートのコピー、資格を証明するための卒業証明書や成績証明書、ライセンス(該当する職のみ)などを提出します。すでに外国人労働者が米国に滞在している場合は、I-94 出入国記録カードやビザスタンプ、就労許可証のコピーも必要です。

必要な書類が揃ったら、申請用紙と労働条件許可証を添えて、スポンサーとなる企業の地域を管轄している地方移民局サービス・センターに送ります。 H-1B ビザの申請期間は各サービス・センターやその時々の申請量によって異なりますが、こちらでご確認いただけます。


ステップ3: ビザスタンプ申請

移民局で H-1B 申請が認可されたら、ビザスタンプ発給手続きを行います。ビザスタンプとは入国査証のことで、米国に入国する際に必要な書類です。ステップ2で H-1B 申請が認可されたということは、米国での就労許可を得たということにはなりますが、入国許可を得たわけではないので、入国前に米国大使館・領事館にて H-1B ビザスタンプを取得しなくてはなりません。手続き方法や申請期間は、国や時期によって異なりますが、日本国籍の方が日本の米国大使館・領事館で H-1B ビザスタンプを申請する場合は、通常、面接後3〜10日でビザが発行されます。

*2005年度年間発給数・最新情報
2005年度(2004年10月1日〜2005年9月30日)の H-1B ビザ年間発給数は、10月1日に上限の65,000件に到達しました。
 
お断り: コラムを通して提供している情報は、一般的および教育的情報であり、読者個人に対する解決策や法的アドバイスではありません。読者個人の具体的な状況に関しては、米国移民法弁護士にご相談下さい。

仕事探し.comはワシントン州・オレゴン州を中心にバイリンガルの人材を紹介・派遣しています。


履歴書をお持ちの方はクイック登録が可能!


優秀なバイリンガルをお探しの企業様はこちら


個人情報・履歴書のアップデートはこちら





帰国GO.com - 留学生のための就職活動サポートサイト
日本での仕事をお探しの方は、帰国GO.comへ



Shigotosagashi.com / 仕事探し.com - ワシントン州・オレゴン州の求人情報サイト

Global Career Partners, Inc.
Copyright © 2005 - 2017 Global Career Partners Inc. All rights reserved..